医療法人社団一元会 佐々木記念病院 | 西所沢駅徒歩3分,消化器外科,消化器内科,外科,内科,肛門科,循環器科,乳腺外科,形成外科,美容外科,定期健康診断,人間ドック,大腸内視鏡検査,胃内視鏡,ピロリ菌

お問い合わせ:04-2923-1123

〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-7-25

消化器内科

胃腸について

あなたの胃腸は?

消化器とは口から肛門までの消化管(食道、胃、小腸、大腸)とそれに直接かかわる肝臓、胆のうや胆管、膵臓などをいいます。これらの主な役割は、食物の消化吸収です。ロと胃の間にある食道は、食べ物や飲み物を胃に送りこむ嚥下運動を行うのがその役目で、したがって、たとえさか立ちをしても水を飲むことができるわけです。胃は食物を貯えつつ消化を行い、少量づつ十二指腸へ送ります。
十二指腸には、肝臓で作られた胆汁と膵臓で作られた膵液が分泌されます。
小腸は人間の体でもっとも長く、生きてゆくに必要な栄養の吸収がその仕事です。
次に連なる大腸は、おなかの右下より始まり、体を横断し直腸まで続く太い腸で、消化吸収された残りかすから水分を吸い取り、 大便を作り排泄することがその役目です。
肝臓は、血液中のヘモグロビン(赤色素)を材料として、肝汁を作り、胆汁は胆のうを含む胆管の中を流れて十二指腸にそそぎます。その働きは、脂肪の粒を小さくし、腸の壁より吸収しやすくする乳化作用です。
膵臓は、無色透明な膵液を作り、やはり十二指腸へ分泌しています。膵夜中には、リパーゼ、トリプシン、アミラーゼ、といった消化酵素を含み、脂肪、でんぷん、蛋白質の分解吸収を行っております。従って十二指腸は、食物の消化吸収上、もっとも重要であるともいえます。

とりわけ、消化器癌は、成人病死因の上位を占めており、今日でも恐しい病気のひとつです。
胃癌、大腸癌は40才、50才代に多く、食道癌、肝癌、胆のう癌は60才以降に多くみられますが、若い人にも発生することがあり、30才をすぎたら定期的な検査が必要です。
癌で死なない唯一の方法は、早期発見、早期治療です。では早期発見とは、何をいうのでしょうか。消化管の内側は粘膜で被われておりまして、さらに筋肉の層、しょう膜と外側に向って存在しています。この粘膜の中だけに癌細胞がある状態を早期癌と申します。
早期癌のうちに発見することが、すなわち早期診断といわれるものです。
早期癌のうちに手術をすれば、現在では90%以上が5年以上生きられるとの統計があります。従って早期診断が非常に重要な問題となるわけです。
消化器の診断方法は、前に申しましたように、レントゲン、内視鏡、エコー検査などが一般的ですが、なかでも消化管に対しての内視鏡(ファイバースコープ)は、とりわけ有力で組織を直接採取する生検により診断はさらに確実なものとなります。
一方、早期癌の多くは無症状であり、たとえ症状があったとしても、それは、味覚の変化や便通の軽い異状といった日常よほど注意深くしていないと気づかない変化です。従って定期的な健康診断のみが、早期癌の発見につながるものと考えられています。たとえ早期癌であっても放置しておけば、3ケ月にて進行癌にまで発育するといわれておりますので、理想をいえば3ケ月に1度の健康診断が必要なわけです。しかし、なかなか仕事の都合や家庭の事情で受けられない方が大部分でしょう。そこで、30才以上の方は、6ケ月に一度の定期健康診断をおすすめします。体の変調、異常があれば、当然ですが、日頃、健康と思っている方もぜひ消化器健康診断をお受けになり、癌の早期発見に努めて下さい。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡検査の特徴

当院では、平成20年7月より経鼻内視鏡検査を行っております。

・吐き気が少ない
・検査中に話ができる
・体にやさしい
・すぐに仕事や家庭に戻れる
当院の行ったアンケート結果では、約80%の患者様が次回の胃カメラ検査も「鼻からの胃カメラ検査」をご希望になりました!

患者様のコメント~平成19年経鼻内視鏡検査アンケートより~

『「今までの口から入れる苦しみは何だったんだ!」と思うくらい楽でした。』
『口からの胃カメラに比べ、100倍楽でした!』
『全く初めての胃カメラです。こわさはありましたが、思っていたより大丈夫でした。ありがとうございました。』  他

大腸CT検査

大腸CT検査について

ピロリ菌

ピロリ菌(Helicobacter pylori)について

ピロリ菌は胃内に存在するバクテリアです。
胃の中は強い酸性で殺菌作用があり従来は菌は住めないと考えられていたのですが、1997年ピロリ菌が発見され、その存在意味が色々わかってきました。
列挙しますと次のようになります。

1. 胃癌の発癌因子である
2. 高年齢程保有率が高い
3. 潰瘍患者に多くみられ再発に関係する
4. 萎縮性胃炎の原因と考えられる
5. 除菌治療は容易で7日間程の服用で可能

高齢(50歳以上)で慢性胃炎(萎縮性胃炎)や潰瘍の方はピロリ菌を持っている可能性が高いと考えられます。
ピロリ菌検査及び治療(除菌)は容易であり、除菌することで胃癌の予防になることは大変重大であり且つ朗報であります。
従って胃カメラ時なども含め積極的にピロリ菌検査をお受けください。
当院では、1994年よりピロリ検査治療を行い実績をつみ重ねて参りました
耐性菌除菌も行っています。御相談下さい。

当院での取り組みの歴史

過去3年10ヶ月の間に当院にて H. pylori 検査を希望した総数は2,391例で全内視鏡症例(上部消化管)の47%に当り、約半数が希望したことになり関心の高さを示している。年度別推移では1994年には16%にすぎなかったものが1995年89%と爆発的に増加し漸次降下しているのが興味もたれる。当院では内視鏡検査前に H. pylori 検査並びに除菌について自費診療であるとの充分な説明を行い、尚かつパンフレット等渡し了解と希望により行っておりますが、多くの方々は説明する以前に検査を希望してくるのが現状である。判定方法はCLO、鏡検、培養3者にて判定しており13C尿素呼気試験は苦痛なく有用だが内視鏡検査時に行っている現状では呼気テストの機会が少なく今後の課題であろう。 H. pylori 陽性率は全平均49.7%と半数が陽性であり *1) なかでも潰瘍群約70%の陽性率と高く諸家の報告と同様であった。胃炎群では萎縮性胃炎が61.9%と他の胃炎に較べ高く明らかに異なっていた、発癌の問題を含め萎縮性胃炎に付き長期的で臨床的経過観察と検討が必要と思われ今後症例を重ねたい。年令的陽性率の結果において41才以降の陽性率が60%近くと高いが61才をすぎると47%と低下する傾向にあるのが注目される。当院での除菌治療希望者は昨年度7割近くに達し H. pylori 検査希望者が漸減していることを考えるとその関心の方向が年とともに変化していると思われる。即ち H. pylori の存在が広く一般的に普及した結果、除菌治療を目的とした H. pylori 検査の割合いが増え、その傾向は潰瘍患者のみならず他疾患でも同様で陽性者の大部分が除菌を希望した。

かんじんの除菌結果では昨年、一昨年と96%以上に達し満足すべき結果であった。この2ヶ年の除菌方法はいわゆる3剤によるNew Triple Therapyで1週間のみの内服としたが除菌率からいってこの方法で充分と考えられた。
*2)3)4)5) 今後は長期的な観察を行い再感染の問題などに取り組んでゆくつもりである。また粘膜保護剤としてポラプレジンクを使用し評価を行ったが非使用群との間に差を認めなかったことも注目される。

まとめ

1.当院で最近行った上部消化管内視鏡検査を受けた47%、約半数が H. pylori 検査を希望し関心の高さを示した。
2.疾患別陽性率は潰瘍群、萎縮性胃炎、胃癌の順で他の胃炎や正常群にくらべ著しく高い。
3.除菌治療希望者の頻度は年々増加し H. pylori 検査希望者の多くは陽性であれば除菌をと考えていると推測される。
4.除菌率は高く(96%以上)除菌治療は有用であると思われる。
5.胃癌発生との関係、再感染及び感染経路などに付き臨床的長期的観察と検討が必要であると考える。

PAGE TOP

医療法人社団一元会 佐々木記念病院

お問合わせ・ご相談はこちら:04-2923-1123

〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-7-25
西武池袋線「西所沢」駅 徒歩3分

診療科目

消化器外科, 消化器内科, 外科, 内科, 肛門科, 循環器科,
乳腺外科, 形成外科, 美容外科, 定期健康診断, 人間ドック

診療時間

【休診日】 土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日

Copyright (C) SasakiツꀀKinenツꀀByoin All Rights Reserved.